JA秋田厚生連 能代厚生医療センター

〒016-0014 秋田県能代市落合字上前田地内
TEL:0185-52-3111(代表) FAX:0185-55-0123

サイトマップ

  1. ホーム
  2. 病院の紹介
  3. 部門紹介

病院の紹介

部門紹介

がん治療センターがん治療センターは「緩和ケアセンター」「外来化学療法室」「放射線治療センター」「がん登録委員会」「栄養サポートチーム」「がん化学療法準備室」「相談支援センター」からなり、それぞれに医師、看護師、薬剤師、栄養管理士等がチームを編成し仕事に当たっています。
看護部私たち看護部では、皆様が満足して療養生活が送れるよう笑顔と真心でもって看護させていただいています。
皆様の健康を維持するためのご相談や、病気についての不安、困ったこと等の時は、ぜひ、看護部をご利用くださいませ。お待ちいたしています。
訪問看護ステーション専門の看護師がご自宅へお伺いし、病状の観察、身体の保清、じょく創の処置、体位交換、カテーテルの管理、リハビリテーションのほか、食事・排泄の介助、介護指導から患者さまのメンタルケア、ターミナルケアなどまでお手伝いします。
指定居宅介護支援事務所高齢者等の介護相談に看護師・相談員が適切に対応します。
ご家族とご相談の上、ご希望にそった介護計画を立て、在宅介護をサポートするほか、ベッドや車椅子の貸し出し、ホームヘルパー、入浴サービス、デイケア、ショートステイの利用、老人保健施設等の利用・入所に関するアドバイスも行います。
患者支援センター平成30年4月より、医療福祉相談、入退院支援、地域連携、がん相談部門をを統合し、患者さんが安心して治療を受けることができるよう総合的な支援に努めています。
血液浄化センター患者さんは普通1週間に3回、4時間の治療時間を必要とします。この時間を快適に過ごしていただくため、看護師は明るく、やさしい『ハートフルな看護』の提供を心がけています。専門ナースによるフットケアや、管理栄養士との連携により栄養指導も充実しています。
薬剤科・患者さんへ
・学生、医療機関の方へ
薬剤科では、皆様が、より安全で高度な医療を受けられるよう、お薬に関連した業務を通じて、病気の治療や健康維持に貢献していきます。お薬に関する不安、疑問等がありましたら、薬局窓口や、病棟の担当薬剤師に、ご遠慮なさらずに気軽に声をおかけください。
栄養科食事は医療の一環としてとても重要です。私達は医師の指示に基づき、入院患者様に疾病の治療・回復を目的とした食事を提供しています。
また、食事療法が必要な患者様に対しては、管理栄養士が栄養指導を行っています。
リハビリテーション科総合病院の特色を生かして脳血管疾患(脳卒中など)、整形疾患だけでなく、内部疾患、精神疾患、手術後のリハビリなども行っており、入院直後から退院、その後の在宅生活に至るまで患者様の治療の段階に応じた対応を心がけています。 さらに、職場勉強会・学会発表・研修会参加・実習生及び見学者の受け入れを行うことで、職場の活性化・職員のスキルアップを図っています。
中央放射線部最新の医療機器を装備し、「患者さんの立場に立った放射線医療の提供に心がけ、日々の業務に勤める」ことを、基本理念としています。
技術の向上のために、各種勉強会に参加し日々研磨しています。また、医療被曝低減に取り組むとともに、放射線の安全管理に努めています。
臨床検査科臨床検査は、検体検査(血液検査、尿検査など)と、生理機能検査(心電図、脳波検査など)の2つに大きく分けられます。当科では、最新の自動分析器や、画像診断装置等で測定し、正確で精度の高い検査結果を迅速に医師に報告できるよう努力しています。
臨床工学科臨床工学技士は「臨床検査技師」や「診療放射線技師」などの医療技術者職の中の一つです。「器械の向こうに患者さんを感じ心の通う温かい医療の実践」を臨床工学科の基本理念とし生命維持管理装置の操作、および保守点検や医療器械の安全使用の啓発を通して事故の防止に努めています。
医療安全対策室個人レベルでの事故防止対策と、病院全体の組織的な事故防止対策を推進することによって、医療事故を無くし、患者さんが安心して医療を受けられる環境を整えることを目標とし、活動しています。
褥瘡対策委員会褥瘡(床ずれ)の予防・治療・フォローを目指したケアの提供を目的とし、皮膚・排泄ケア認定看護師及び医師・看護師・薬剤師・管理栄養士・作業療法士の多職種で構成した褥瘡対策チームの活動を通して、患者のケアの方法・栄養面からの見直しの検討を行っています。
院内感染対策委員会病院を利用される患者さんやご家族、訪問者をはじめ現場で働く職員を感染から守るための活動を行っています。
緩和医療委員会がん医療における緩和ケアとは、がんに伴う身体と心の痛みを和らげ、生活やその人らしさを大切にする考え方です。患者さんを「がんの患者さん」と病気の側からとらえるのでなく「患者さんらしさ」を大切にし、つらさを和らげる医療やケアを積極的に行い、療養生活の質をよりよいものにしていくことを目指しています。
接遇チーム「職員も患者さんも病院を楽しみ、心に余裕を持ち楽しく仕事ができる事」を目標とし、職員の接遇意識を高めることとして平成27年11月に接遇チームが結成されました。
今後こちらのページでは、私たちの接遇チームの活動を紹介していきます。
医事企画課受付や患者さんへの対応、医療費(入院・外来)の計算、診療報酬明細書(レセプト)を社会保険や国民健康保険等に請求を行うことですが、その他にも事業計画の設定や経営分析、施設基準の届出・変更、更には医療情報システムの管理と業務は多岐にわたります。こうした中、診療スタッフの努力を漏れなく保険請求に反映させるべく日々奮闘しています。

≫プライバシーポリシー  ≫サイトポリシー  ≫PDFファイルについて

Copyright© Akitakenkouseiren. All right reserved.